• 東京9/26「ハラル専門研修(+日本最大級のモスク見学)」受講生募集

    一般社団法人日本フードバリアフリー協会は、多様化する食やインバウンドに対応し、新たな市場を創出することを目的に、ハラル、ベジタリアン、食物アレルギー、ローカーボ、グルテンフリーなど多様な食についての講座・研修などを開始する。8月30日(金)全体の市場規模や動向、飲食店のビジネスへの活用などを解説する基礎講座をはじめ、9月26日(木)「ハラル専門研修」を開催し2020年の東京オリパラ、2025年の大阪万博に向けてインバウンドへの対応を呼びかける。

    ادامه ...
  • あなたの知らない「ラマダン」の真実 日没後に無料で食事が振る舞われる深い理由

     5月6日からイスラム教徒が1カ月間、食を断つ「ラマダン」が始まった。日が出ている間は一切の飲食をしないことで知られるが、日没後、はじめてとる食事「イフタール」をご存じだろうか。イスラム文化圏では、街角やモスクや職場で無料の食事が振る舞われ、みんなでイフタールを楽しむことが習慣となっている。もちろん日本の中のイスラムコミュニティーでもいま、各地でイフタールが行われている。これはイスラム教徒ではない日本人でも歓迎してくれるのだ。

    ادامه ...
  • 【高論卓説】日本の中のイスラム社会 彼らを正しく理解しているか 

    奈良時代から日本にはシルクロード・中国を経てイスラム文化のかけらが入っていたという。が、1000年以上たった今でもイスラム文化はいまだに私たちにはなじみが薄い。イスラムなりムスリム(イスラム教徒)に対する私たちの認識も極めて貧弱である。さらに、不幸なことに、私たちが日常メディアで接する「イスラム」という言葉の修飾語には「過激派」とか「爆破」とか「テロ」とかの事件に関するネガティブなものが多い。

    ادامه ...
  • 沖縄デザイン 世界へ 服飾、海外展示会で紹介 リュー・プラス・コーデ

    「ヒジャブ」も紹介

     内装・外装事業などを手掛けるJ&Sインターナショナル(浦添市、高良俊男代表)が、自社のファッションブランド「RYU+CODE(リュー・プラス・コーデ)」の海外展開を進めている。マレーシアの「ISETAN The Japan Store」で2日から期間限定で商品を販売している。ドバイで開催している中東地域最大級の展示会にも出展し、海外での売り込みに力を入れている。

    ادامه ...
  • 日本政府観光局 外国人向け観光案内所の質的向上へ

    直営案内所と地方の認定案内所との連携一層強化

    日本を訪れる外国人観光客の増加や観光客の求めるニーズが日々変化する中で、受け入れる日本側の観光案内所に求められるサービスも大きく変化している。そうした中で日本政府観光局(JNTO)は東京・丸の内で展開する直営の外国人向け総合観光案内所「JNTOツーリスト・インフォメーションセンター(TIC)」を7年ぶりに一新した。この7年間における外国人観光客の需要変化にあわせて、文化体験機能や防災関連機能の強化を図った。

    ادامه ...
  • 関西学院大学 西宮上ケ原キャンパス

    ムスリムの学生・研究員等のための祈祷室を設置 9月21日(金)から使用開始

    ~丹青社企画の「和の空間」のプレイヤールームを関西地区で初導入~

    関西学院大学(兵庫県西宮市、学長:村田治)は、商業施設などの空間づくりをおこなう株式会社丹青社(本社:東京都港区、代表取締役社長:高橋貴志)の協力を得て、西宮上ケ原キャンパスに「祈りの部屋/Prayer Room」を設置し、9月21日(金)より使用を開始します。イスラム圏からの留学生を主な利用者として想定していますが、特定の宗教に限定せずに活用されることを目的としています。

    ادامه ...
  • ラマダン恒例

    尊敬すべきマアスウメ(SA)聖廟にて “毎日1ジュズのクルアーン読誦儀式”

    ラマダン初日より、イラン聖地コムにある尊敬すべきマアスウメ(SA)聖廟のサロンにおいてクルアーン(コーラン)毎日1ジュズ(クルアーンは30ジュズから成り立っている)を読誦する恒例の儀式が始まりました。国際的なカーリー(朗誦者)による朗唱と共に毎日1ジュズ読み進めてゆくこのクルアーン読誦儀式はラマダン終了まで開催されます。撮影:ハミード アーベディ

    ادامه ...
  • イラン/テヘラン

    尊敬すべきアブドゥ・ル アズィーム(AS)の聖廟にて 少女たちの成人祝賀儀式

    テヘランの第2学区に在学する小学3年の少女たち1800人が参加する中、シャフレ・レイにある大礼拝所でにおいて華やかな“成人(宗教的に一人前として認められ、以後、礼拝や断食などの崇拝行為が義務となる)の祝賀儀式”が開催されました。この儀式は神の御言葉“クルアーン(コーラン)”のいくつかの節の朗誦で始まり、スピーチと戒律についての説明が続き、最後は全員での壮大な集団礼拝で締めくくられました。

    ادامه ...
  • イランのイスラム革命と現代の人々へのメッセージ

    現在イランでは、イスラム革命勝利記念週間を迎えています。                     

    イスラム革命が現代の人々に伝えるメッセージと、そのメッセージが、革命の勝利からおよそ40年間、支持されている理由について。

    ادامه ...
  • イエメン人ノーベル平和受賞者、

    「サウジとUAEがイエメンで集団殺害を引き起こす」

    ノーベル平和受賞者であるイエメン人女性活動家タワックル・カルマン氏が、サウジアラビアのサルマン皇太子とアラブ首長国連邦のムハンマド・ビン・ザーイェド・アル・ナフヤン皇太子はイエメンで集団殺害を引き起こしているとし、彼らの国際裁判所での裁判を求めました。

    ادامه ...
  • 映像/なぜ世界の人々は世界最大規模の集会について聞いたことがないのか?

    アメリカのオンラインメディア「ハフィントンポスト」が調査

    このクリップでは、アメリカのメディア「ハフィントンポスト」のジャーナリストによる「“アルバインの大行進“と”カルバラにおけるイマーム フサイン(AS)巡礼者たちの集結“という世界最大規模の追悼集会に関し、世界の人々に向けた報道がなされないのか?」という記事に一致した議論がなされています。

    ادامه ...
  • インドネシア

    モスクで天体ショー 西ジャワ州バンドン県レンバン 天文学者が自宅に建設

     西ジャワ州西バンドン県レンバン郡ワングナサリ地区アルン村でこのほど、プラネタリウムを楽しむことができるモスク「ムショラトリウム」がオープンした。天文学者のヘンドロ・ストヤントさん(43)が自宅の敷地内に建設。「モスクに来たついでに、プラネタリウムを通じて天体に興味を持ったり、学んだりしてほしい」と話している。

    ادامه ...
  • ハンガリー

    イスラム教コミュニティー訪ねるツアーが人気に

     [ブダペスト 6日 ロイター] - ハンガリーのブダペストで、イスラム教徒のコミュニティーやモスクを見学するウォーキングツアーが企画され、住民らの人気を集めている。政府が反移民キャンペーンを展開するなか、理解を深めてイスラム教徒への恐怖を克服しようとする人々も増えている。

    ادامه ...
  • 藍染め

    藍LOVEムスリム 徳島県、女性用スカーフ製作計画

    藍染めで全国的に有名な徳島県が海外に魅力を発信するため、関連のファッション商品としてイスラム教徒(ムスリム)向けの女性用スカーフ「ヒジャブ」などの開発に取り組んでいる。県もうかるブランド推進課の大久保淳志さん(29)は「ムスリムを入り口として、世界に藍染めの魅力を広めたい」と意気込む。

    ادامه ...
  • ニュージーランド/クライストチャーチ

    シーア派組織”WHO IS HUSSAIN?”がにて人々にペットボトルの水を配布

    てシーア派3代目イマーム フサイン(AS)の殉教命日の追悼期間の到来に伴い、ニュージーランドのクライストチャーチでシーア派組織”Who is Hussein?”のメンバーたちが、道行く人々にペットボトルの水とフサインとは誰か?というパンフレットを配布することによって、イマーム フサイン(AS)について紹介しました。

    ادامه ...
  • オーストラリアから

    メルボルンでシーア派組織“WHO IS HUSSAIN(AS)?”が人々にイマーム フサイン(AS)を紹介

    シーア派3代目イマーム フサイン(AS)の殉教命日の到来に伴って、シーア派組織“WHO IS HUSSAIN(AS)?”がオーストラリアのメルボルンでロウソクに火を灯しました。このボランティア活動により、この組織のメンバーたちはオーストラリアの道行く人々に、イマーム フサイン(AS)の特性について紹介しました。また、ペットボトルの水を配布し、彼らにこのイマームと世界の虐げられた全ての人々を想いおこすことを勧めました。

    ادامه ...
پیام رهبر انقلاب به مسلمانان جهان به مناسبت حج 1440 / 2019