?>

WHO事務局長、「追加接種は道徳性が欠如」

WHO事務局長、「追加接種は道徳性が欠如」

WHO世界保健機関のテドロス事務局長が、「一部の国での新型コロナウイルスワクチンの追加接種は道徳性に欠ける」との認識を示しました。

ABNA24 : CNNによりますと、テドロス氏は12日火曜、アフリカ全土でワクチン接種が遅れるなか、一部の国で新型コロナウイルスワクチンのブースター(追加)接種を進めることは「道徳性に欠ける」との認識を示し、「不公平かつ不当だ。中止しなければならない」と述べています。

さらに「追加接種を始めることは国際社会として最悪の対応だ」と指摘するとともに、アフリカ大陸全体を無視してのコロナの世界的大流行の阻止が不可能であることから、追加接種の開始は不当かつ不公平だとの見方を示しました。

WHOは免疫不全状態の人に対する追加接種を推奨する一方で、追加接種の広範な使用に関しては、世界のより多くの地域で1回目の接種が終わるまで強く反対する姿勢を示しています。

テドロス氏によりますと、南米、北米、欧州、アジア、オセアニア地域がすでに人口の50%以上に1回目の接種を行ったのに対し、アフリカでの第1回接種者の割合は人口のわずか7%に留まっているということです。

米国では9月、FDA米食品医薬品局が一部の人を対象としたファイザー製ワクチンの追加接種を承認しました。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*