?>

OPECバスケット価格が82ドルを突破

OPECバスケット価格が82ドルを突破

OPEC・石油輸出国機構加盟国の代表的な原油価格を平均した「OPECバスケット価格」が、38セント上昇し82ドルを超えました。

ABNA24 : 通信が12日水曜、OPEC事務局の発表として報じたところによりますと、同価格は10日月曜には81ドル75セントだったのが、12日には82ドル13セントに上昇しました。

OPECバスケット価格は、各加盟国の13種の原油価格を加重平均したもので、その内訳はサハラン・ブレンド(アルジェリア)、ジラッソル(アンゴラ)、ジェノ(コンゴ共和国)、ザフィーロ(赤道ギニア)、ラビ・ライト(ガボン)、イラニアン・ヘビー(イラン)、バスラ・ライト(イラク)、クウェート・エクスポート(クウェート)、エス・シダー(リビア)、ボニー・ライト(ナイジェリア)、アラビアン・ライト(サウジアラビア)、マーバン(アラブ首長国連邦)、メレイ(ベネズエラ)となっています。

OPECバスケット価格は、原油価格を決定する上で最も重要な指標のひとつとして利用されています。

その他の指標であるブレント格や(アメリカ産軽油)ウェスト・テキサス・インターミディエイト(WTI)の価格も12日水曜時点で、それぞれ1バレル・84ドル23セントおよび81ドル84セントとなっています。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*