?>

航空自衛隊トップ、訪米中にコロナ感染確認

航空自衛隊トップ、訪米中にコロナ感染確認

航空自衛隊のトップである井筒俊司航空幕僚長が、訪問先のアメリカで新型コロナウイルスへの感染が確認されました。

ABNA24 :NHKによりますと、井筒航空幕僚長は15日に帰国する予定でしたが、隔離などのため引き続きアメリカ国内にとどまる必要があり、出国できるのは早くても現地時間の今月23日と、少なくとも1週間程度、帰国が遅れる見込みだということです。

航空自衛隊は、井筒氏が療養先のホテルで業務を行うほか、補佐役の航空幕僚副長が日本国内にいることから、「任務に影響はない」としています。

井筒氏は、アメリカ空軍の幹部と会談したりシンポジウムに参加したりするため今月4日からアメリカ各地を訪問していましたが、航空自衛隊によりますと、日本時間の14日、帰国前のPCR検査で新型コロナウイルスへの感染が確認されました。

検査の前には微熱があったほか、のどの痛みを訴えていたということです。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*