?>

聖地で、イスラエル軍が理由告知なしにパレスチナ人数名を拘束

聖地で、イスラエル軍が理由告知なしにパレスチナ人数名を拘束

シオニスト政権イスラエル軍が、聖地ベイトルモガッダス・エルサレムの一部地区を襲撃し、正当な理由の告知なしに、パレスチナ人住民数名の身柄を拘束しました。

ABNA24 : パレスチナの通信社アルヤウムによりますと、シオニスト政権軍は9日水曜朝、占領下の聖地のパレスチナ人市民を襲撃しました。

イスラエル軍は今回の攻撃で、パレスチナ人に対し、催涙ガスや実弾を発射しました。

目撃者によれば、イスラエル軍はパレスチナ人と衝突する中、正当な罪名を告げずに、パレスチナ人数名を逮捕しました。

イスラエル軍は先週にも、パレスチナ・ヨルダン川西岸の各地を攻撃し、パレスチナ人30人を逮捕しました。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*