?>

米軍機の低空飛行、抗議直後の18日にも複数の目撃

米軍機の低空飛行、抗議直後の18日にも複数の目撃

米軍機とみられる機体が低空飛行する様子が18日、慶良間諸島や本島北部で目撃され、県や国頭村が抗議した翌日の飛行に、地元住民らから反発の声が上がっています。

ABNA24 : 沖縄タイムズによりますと、座間味村の宮平喜文村議は同日午前11時すぎから約30分近く、座間味島や阿嘉島上空を飛ぶ1機を動画で撮影し、「50~100メートルほどの低さに見えた。抗議した直後でも飛ぶとは。沖縄の声が米軍側に届いているか疑問だ」と怒りをにじませました。

国頭村の辺戸岬周辺でも午後3時すぎに同型機とみられる機体が確認されました。目撃した30代男性は「遠くからで高度は分からなかった」とする一方、「昨年ぐらいから結構飛んでいて、ようやく問題として取り上げられたという印象だ。こんなに問題視されているのに、まだ飛ぶのか」と驚いたように話していました。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام رهبر انقلاب به مسلمانان جهان به مناسبت حج 1441 / 2020
世紀の取引にNO