?>

米軍司令官が、イラン弾頭ミサイル能力の命中精度の高さを認める

米軍司令官が、イラン弾頭ミサイル能力の命中精度の高さを認める

西アジア地域に駐留する米テロリスト中央軍のマッケンジー司令官は、イランの弾道ミサイル能力やその命中精度の高さを認めました。

ABNA24 :マッケンジー司令官は、米タイム誌とのインタビューで、「イランの保有するミサイルは標的を攻撃する上で高い能力を備えており、この能力は既に証明されている」としました。

また、「過去3年から5年の間でイランが行ったのは、性能の高い弾道ミサイルのプラットフォームの製造である」と述べました。

さらに、イランの核計画に関する自らの主張を繰り返すと共に、「米大統領は、イランは核兵器を獲得できないだろうとしている」と語りました。

マッケンジー司令官のこうした表明の一方で、イランとロシア、中国、イギリス、フランスおよびドイツ(4+1)の協議の最新ラウンドが今月29日、オーストリア・ウイーンで開催が予定されています。

イランは、自国の次回協議での優先・必須事項は、米による違法で圧政的な制裁の解除であると発表しています。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*