?>

米軍がシリアの小麦粉を窃盗

米軍がシリアの小麦粉を窃盗

シリア駐留米軍が、シリアの小麦粉を運んでいたトラック数十台の積み荷を窃取しました。

ABNA24 : シリア東部に駐留中の米軍は、同国の石油や小麦粉など穀物を盗み、秘密裏に隣国に送り込んでいます。

シリアのサナ通信が18日土曜、報じたところによりますと、米軍は、シリア北東部のアルジャジラ地域で、トラック40台が運んでいた小麦粉を窃盗し、それをイラク北部にある自らの基地に輸送しました。

シリア石油省が公表した統計によれば、シリア東部地域では日量7万バレルの原油が米軍やその傭兵により盗まれています。

これ以前に、トランプ前米大統領は、シリアにおける米軍の駐留の理由はシリアにおける原油の存在だ、としました。

アメリカは10年間に渡ったシリア戦争で、テロ組織ISISとの戦いを口実に、独立を求める同国の民兵組織を支援し、シリアの産油地域を占領しています。

 

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*