?>

米国防総省報道官が、イランへの非難を繰り返す

米国防総省報道官が、イランへの非難を繰り返す

アメリカのジョン・カービー国防総省報道官が、イランという脅威と戦うべきだと再び主張しました。

ABNA24 : カービー報道官は、イランに対する非難を繰り返しつつ、「実際に、海上におけるイランという脅威との戦い、テロネットワークへの支援、弾道ミサイル開発は、我々の国家安全保障にとって必要なものに挙げられる」と主張しました。

米テロ軍で西アジアやアフガニスタンを管轄する、マッケンジーCENTCOM中央軍司令官は、これに先立って、イランのミサイル・無人機技術の進歩を認めながら、「弾道ミサイル分野におけるイラン政府の脅威は注目すべきである。量的な面でも進歩している」と主張しています。

イランの無人機能力を認める同司令官の発言は、「トランプ米前大統領時代からの『最大限の圧力』政策実施の結果、イランは弱体化した」とする西側メディアの大々的な報道にもかかわらず、イラン政府が軍事面で、国内の能力とイラン人専門家らを頼りに、西アジア地域での米空軍の優位性に疑問をつきつけるだけの大規模な無人機部隊を作り上げたことを、改めて示した形となりました。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*