?>

米兵が、家族に充分な食糧調達できず

米兵が、家族に充分な食糧調達できず

アメリカがウクライナに対し3か月間で600億ドルの軍事援助を行っている一方で、米政治専門紙ザ・ヒルが、米兵が十分な食糧を調達できていないと報じました。

ABNA24 : 欧米諸国、特にアメリカは近年、ウクライナ政府に対して広範な軍事的・経済的支援を行っており、同国とロシアとの紛争が始まって以降も、支援を継続してきました。公式統計によれば、アメリカは3か月の間に600億ドルの軍事援助物資をウクライナに送っています。

一方でアメリカは最近、驚異的なインフレに直面しており、ウクライナへの援助は多くの批判を受けています。

米共和党のランド・ポール上院議員は、自国政府によるウクライナへの援助を批判し、ツイッターに「この行為は私たちの国家安全保障を脅かし、数百万人もの納税者には、ガソリン、食品、粉ミルクの入手に問題をきたすなどの、はっきりとした打撃を与えている」と投稿しました。

ザ・ヒルはまた、「米国の恥」と題した記事において、 「米兵家庭の約14%が食料調達に問題をきたしている」としています。

またこれ以前にも、米食料調達研究所が報告書において、「約16万人の米兵が家族の食料調達で困難を抱えている」と指摘していました。

AP通信の調査でも、米兵が自身の家族を満足に食べさせられていないことは、アメリカで密かな危機となっている状況が示されています。

このような問題が起きている一方、アメリカの予算では軍事費が最大の割合を占めています。先日発表された2023年の米政府予算案では、国防総省に7730億ドルを充てることが提案されました。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*