?>

米中央軍前司令官が、アフガンでの米の敗北を認める

米中央軍前司令官が、アフガンでの米の敗北を認める

テロリスト占領軍として西アジアなどを管轄するCENTCOM米中央軍のデイヴィッド・ペトレイア前司令官が、アフガニスタンでの米の占領政策の失敗と敗戦を認めました。

ABNA24 : 通信によりますと、ペトレイアス氏はアフガンでの米の敗戦の事実を認めるとともに、米軍のアフガン撤退を性急なものだとしています。

こうした中、アメリカは数回にわたる約束違反の後、今年9月11日までにアフガンから米軍を撤退させると表明しました。

米軍がアフガンからすごすごと撤退する中、これまでおよそ20年間にわたる米軍のアフガン駐留は、同国の抑圧された数万人の民間人殺害やインフラ破壊、麻薬生産の増加を引き起こしたのみとなっています。

アメリカとその同盟国は2001年、テロ対策および治安確保を口実にアフガンを攻撃しました。

しかし、米軍主導の多国籍軍によるこうした占領行為は、戦争や紛争、アフガンの経済インフラの破壊を引き起こし、治安を不安定にさせているほかテロも増大させています。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*