?>

米シカゴ教員組合が対面授業に反対 市側と対立解消せず休校つづく

米シカゴ教員組合が対面授業に反対 市側と対立解消せず休校つづく

米イリノイ州シカゴでは、新型コロナウイルスの感染拡大をうけて教員組合が対面授業の実施を拒否し、市内の公立学校が4日連続で休校しています。

ABNA24 : CNNによりますと、シカゴ教員組合(CTU)は4日夜の採決で、新型コロナ感染への懸念を理由に対面授業を拒否し、5~7日の授業を中止するとの決定を下しました。

8日にはCTUがシカゴのライトフット市長に、12日からオンライン授業を始め、検査体制などを強化したうえで18日から対面授業を再開するという案を提示しました。

これに対してライトフット市長らが声明を出し、既存の感染対策によって安全は確保されていると説明。できるだけ早く対面授業を再開する必要があると強調しました。

授業が停止されている現状について、市当局はCTUによるストライキとの認識を示しています。一方CTUに所属する教師たちからは「生徒が校舎に入る前に検査を受けてほしいだけ」「生徒の安全と、私自身や家族の安全を確保したい」などの声が上がっています。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*