?>

米で移民の子ども2000人以上が親から離別

米で移民の子ども2000人以上が親から離別

アメリカ国土安全保障省の報告では、移民の子どもを家庭に戻す努力がバイデン現政権によって行われているものの、未だ少なくとも2127人の子どもが親元から引き離されたままとみられます。

ABNA24 : イルナー通信によりますと、同省の報告では、「バイデン政権はこれまでに、トランプ前政権時代に親から引き離された子どものうち、わずか7人しか保護者に引き合わせられていない」とされています。

ACLUアメリカ自由人権協会は2018年、トランプ前政権による移民の子どもの親元からの引き離しに抗議し、これを「非情で違法な措置」と呼び、これらの家族が再び同居できるよう求めました。

トランプ前大統領は「ゼロ・トレランス(不寛容)」政策を掲げ、2018年初頭から不法入国取り締まりを口実に、数千の移民の家族を引き離しました。

この措置は、諸外国からの大きな非難を招きました。

バイデン政権はここ3か月の間に、メキシコ国境沿いの壁建設の中止などトランプ氏の反移民政策を撤廃し、外国人留学生の入国制限も解除しています。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*