?>

米でコロナ感染者が前年比86%増加

米でコロナ感染者が前年比86%増加

英ガーディアン紙が、アメリカの新型コロナウイルス感染者数が前年同時期より86%増加したとし、「一部の病院では治療で優先順位がつけられている」としました。

ABNA24 : ガーディアン紙は、米ジョンズホプキンス大学のデータに基づき、「米国ではデルタ株の拡大により、新型コロナウイルスの感染者が前年同時期より86%増加した」と報じました。

レイバー・デーの連休を迎えたアメリカでは、感染力の強いデルタ株が拡大する中、感染者数も依然として増加を続けています。

米運輸保安庁の発表によれば、CDC疾病予防管理センターが旅行を控えることが望ましいとしたにもかかわらず、金曜から土曜の連休開始には、350万人が旅行に出発しました。

CDCのロシェル・ワレンスキー所長はこれについて、「我々は、ワクチン接種の2回目を終えた人がマスクを着用すれば、旅行も可能だと語ったが、これまでに人々に勧告してきたように、感染の可能性は未だ存在しており、旅行に出るリスクは視野に入れなければならない」と述べています。

アメリカでは全人口の64%以上がワクチンを2回接種しているにもかかわらず、週当たり新たに114万6000人が新型コロナウイルスに感染しています。これに対し、前年同時期の感染者数は28万7225人でした。

発表された最新統計によりますと、アメリカではこれまでに4120万6000人が感染し、このうち少なくとも66万9000人が死亡しています。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*