?>

米で、3ヶ月の乳児が車内に放置され死亡

米ペンシルベニア州警察が、生後3か月の乳児が両親の車に数時間放置され死亡したことを発表しました。

ABNA24 : ユーロニュースによりますと、この乳児は、アメリカ国立気象局がペンシルベニア州の最高気温を33度とした今月16日、両親の不注意の犠牲となりました。関係者の話では、現場で医療チームが救命措置を行ったものの、その甲斐なく亡くなったということです。

「子どもと自動車」研究所の報告では、放置された自動車内で気温が上昇し子どもが亡くなるという今回の事件は、アメリカにおいて今年に入ってから5件目のケースになります。

米警察によれば、気温が33℃に達した先月19日もテネシー州で、1歳の子どもが車内に放置され死亡しています。

さらにこれ以前の5月3日にも、生後8か月の女児が数時間にわたり、父親がジョージア州交番に留め置かれていた際に車内に放置され、死亡しました。アメリカ国立気象局によりますと、この日の同州アトランタの気温は30℃に達していました。この父親は、娘の死をめぐり第二級殺人で起訴されました。

前出の研究所によれば、車の窓を少し開けたままにしていても、車内の温度はほんの数分で40℃以上になる可能性があります。また、子どもの体温上昇スピードは大人の5倍になるとされています。

アメリカでは、年間平均して38人の子どもが放置された車内の温度上昇により命を落としています。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*