?>

米で、無実の黒人男性が42年の服役経て釈放

米で、無実の黒人男性が42年の服役経て釈放

アメリカのある黒人男性が、刑務所での42年4ヶ月の服役ののちに冤罪を認められ釈放されました。

MSNBCテレビはこの件に関して、「この42年の拘禁は、今や米司法機関の誤りであったことが明らかになっているが、米国市場でも最も長い冤罪による拘禁のひとつとなった」と報じています。

24日水曜に米ミズーリの刑務所から釈放されたケビン・ストリックランドさんは、服役を開始した約42年前はまだ若い青年でした。

再審を担当した司法担当者の新たな決定の結果、釈放されたストリックランドさんは、40年以上を過ごした刑務所の前で記者のインタビューを受け、「行きたい場所がふたつある。そのひとつは大洋で大海原を見ることだ」と答え、個人的に海を見に行ったことは一度もないと続けました。

また、「もうひとつの訪ねたい場所は、2ヶ月前に亡くなった母の墓だ」と語りました。

ストリックランドさんは、再審手続きが進んでいたにもかかわらず、今年8月の母親の葬儀の際、ミズーリ州知事が手錠つきですら許可を与えなかったため、参列がかないませんでした。

ストリックランドさんは現在62歳になっており、車椅子で生活しています。

 

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*