?>

米、先週1週間に銃撃事件で430人が死亡

米、先週1週間に銃撃事件で430人が死亡

最新の統計では、先週1週間で全米で915件の銃撃事件があり、少なくとも430人が死亡したとされています。

ABNA24 : 非営利団体「ガン・バイオレンス・アーカイブ」(GVA)と米NBCテレビによる統計によりますと、今月17日から23日にかけて起きた銃撃事件で、1007人以上が負傷したということです。

アメリカでは昨年、4万3000人以上が銃犯罪の犠牲となり、ここ20年で最悪の数字となりました。

今年は、現在までに2万4000人以上が銃犯罪の犠牲となっており、昨年の記録を上回ることが予想されます。

この2万4000人の犠牲者のうち、800人以上が18歳未満、174人が12歳未満でした。

アメリカでの銃犯罪はここ数年で増加しています。バイデン政権が発足してわずか半年しか経っていないにもかかわらず、共和党支持者らは凶悪事件の増加をバイデン氏の責任とし、警察予算の削減を求めています。

米国では銃の携帯が憲法によって保障されており、法律による銃の規制はあくまでも限定的な内容となっています。

バイデン氏は昨年の大統領選において、就任初日から銃犯罪減少に向けた取り組みを始めると公約していました。しかし、現在までのところ限られた対応しかしていません。

GVAの報告によりますと、ここ6カ月で267件の銃殺事件が確認されているということです。

こうした中、北西部ワシントン州シアトルの警察によると、同市内で25日未明、3時間のうちに4件の銃撃事件が発生し、3人が死亡したということです。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*