?>

岸田首相、ビザなし交流事業めぐり「別途の事業を考えるべき」

岸田首相、ビザなし交流事業めぐり「別途の事業を考えるべき」

岸田首相が2日、3月から停止している北方領土(ロシア語で南クリル諸島)のビザなし交流などの事業の再開を求める要望書を、北海道の鈴木直道知事から受け取りました。

ABNA24 :産経新聞が伝えたところによりますと、この要望書には、ビザなし交流事業の他に、元島民らが北方領土に眠る船から先祖を供養する「洋上供養」の実施再開などが含まれていました。

岸田首相は、ビザなし交流について、「別途の事業を考えなければならない。元島民の思いをしっかり聞き、必要な措置を実施していきたい」と述べました。

元島民の日本人と北方領土に現在住むロシア人がビザの発給を受けずに相互に訪問する「ビザなし交流」は、1992年4月に始まりました。これまで日本側と1万4000人、ロシア側から約1万人が参加してきましたが、新型コロナウイルスのパンデミックにより2020年から中止されていたのに加え、今年3月には、ロシアがウクライナでの特別作戦に対する日本の制裁を受けて、ビザなし交流などの事業を停止すると発表していました。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*