?>

仏大統領が、男から平手打ちされる

マクロン・フランス大統領が、同国南部ドローム県を訪問し住民と交流中に、抗議者の男の1人に平手打ちされました。


ABNA24 : ロシア・スプートニク通信によりますと、マクロン大統領は8日火曜、訪問先のドローム県テン・エルミタージュ地方の中等学校にて、マクロン氏は警備のために設置された柵のそばに集まった市民と交流しようと歩み寄った際、最前列にいた男がマクロン氏が差し出した手を左手で握り、突然右手で頰を平手打ちしたということです。

この報道によりますと、男は「打倒マクロン政権」と叫び、国粋主義のスローガンも唱えたとされています

地元メディアBFMTVによりますと、この事件で警備員が制止に入り、同大統領は移動させられるとともに、この男と同伴者の男の2人が逮捕されました。

現在のところ、この男がマクロン大統領を平手打ちした動機については明らかにされていません。

過去2年間で、マクロン大統領の支持率は48%から38%に低下しています。

フランス政府による新型コロナウイルス対処の不徹底や増税、経済改革面での問題により、マクロン大統領の支持率は大きく低下しています。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*