イラン外務省、「アメリカは今が覇権を求めたり一方的に命令できる時代ではないと知るべき」

イラン外務省、「アメリカは今が覇権を求めたり一方的に命令できる時代ではないと知るべき」

イラン外務省のガーセミー報道官が、脅迫と同時にイランへの対話の要請を提示したアメリカの政府関係者の言葉に反応し、「アメリカは現在が覇権を求めたり、命令できる時代ではないことを知るべきだ」と語りました。


アメリカのヘイリー国連大使は、23日月曜、CBNのインタビューで、イランは核合意締結国を次に出る行動により怖がらせているとして非難し、イランとの新たな核合意に向けた対話の用意があるとしました。

ガーセミー報道官は25日水曜、アメリカ政府関係者の言動は信用することができないとして、「イランに対する脅迫や過剰な要求によってイランと協議できるという考えは永遠に忘れるべきであり、失敗した経験をいつまでも繰り返そうとすべきではない」と勧告しました。

また、イラン国民は勇敢、文明的であり、豊かな文化や賢明さを利用して、栄誉ある長いイランの歴史ををつくってきた。また、脅迫には脅迫で、敬意には敬意で回答し、拡張主義や覇権主義、圧力に対して、常に人々の権利を守り、領土と独立を保全する上で何の躊躇も見せることはないと述べました。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

mourning-of-imam-hussain
پیام رهبر انقلاب به مسلمانان جهان به مناسبت حج 1440 / 2019