?>

中国戦闘機が、再度、台湾の防空識別圏に進入

中国戦闘機が、再度、台湾の防空識別圏に進入

台湾の国防部は、中国のG16型戦闘機3機と哨戒機1機が、台湾の防空識別圏に入り込んだ、と発表しました。

ABNA24 : 台湾の国防部は、これらの戦闘機や哨戒機が10日日曜、台湾の防空識別圏に進入したとしています。

同省はこの出来事の詳細には触れず、問題の戦闘機を追跡した、と主張しています。

過去数年、中国の戦闘機は、同国は台湾の独立を正式に認めないというメッセージを伝える目的で、台湾の防空識別圏を相次いで飛行しています。

これらの出来事は、最近、ピークに達しており、台湾の主張するところでは、中国は今月1日、戦闘機延べ38機を2回にわたって、そして同月2日にも、延べ39の戦闘機をこの地域で飛行させています。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*