仏外相、「欧州は、アメリカの対イラン制裁への対抗で進歩」

仏外相、「欧州は、アメリカの対イラン制裁への対抗で進歩」

フランスのルドリアン外務大臣が、「EUは、アメリカの対イラン制裁からヨーロッパ企業を守ることにおいて、相当の進歩を遂げている」と語りました。

IRIB通信によりますと、ルドリアン外相は「EUは、イランに投資している企業の権益を守る上で、ある進歩を遂げている。それは、1996年の欧州理事会の規則に基づくブロッキング規則の実施である」とし、「この規則により、EUはアメリカの圧力からヨーロッパ企業を守ることができるようになるが、この措置ではまだ十分ではない」と語っています。

また、「イランとの取引に当たってヨーロッパを支援すべく、金融メカニズムの一部も、米ドルによらないシステムにすべきだ」と述べました。

ブロッキング規則は1996年、イランとキューバに対するアメリカの制裁の強制実施から、EUを適用外とするために制定されました。

当時、アメリカをWTO世界貿易機関に提訴するという行動に出る中、ヨーロッパ諸国はこの規則を行使し、10年間にわたりイランとキューバに対する制裁を回避することに成功しました。

アメリカのトランプ大統領は先月8日、イランに対する根拠のない疑惑を繰り返し、イランとの間に交わした核合意からの離脱と、今後3ヶ月から6ヶ月以内の核関連の対イラン制裁の復活を発表しましたが、この行動はアメリカ国内はもとより、世界で大きく非難されています。

核合意のそのほかの関係国であるイギリス、フランス、ドイツ、ロシア、中国、そしてEUも、この国際合意への支持を表明しています。

これに基づき、イランとヨーロッパは最近、アメリカの離脱後の核合意の維持に関する協議を開始しました。


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Arabian of imam hussain
mourning-of-imam-hussain
پیام رهبر انقلاب به مسلمانان جهان به مناسبت حج 1440 / 2019