?>

ロシア大統領、「米は国力に幻想を抱いている」

ロシア大統領、「米は国力に幻想を抱いている」

プーチン・ロシア大統領が、「アメリカは、他者に対する自らの力を誤信している」とし、「アメリカは、自らがあらゆる行動に対処できると思い込んでいる」と語りました。

ABNA24 : プーチン大統領は、アメリカが最近ロシアに行使した各種制裁に反応し、「アメリカ当局は、自国が政治、経済、軍事面であらゆる措置に対処できるなどと思い込んでいる。こうした国の問題は、彼らが自分たちを非常に強力であると考えているため、過ちを犯しても何も問題が生じないと考えていることだ」と述べています。

プーチン大統領のこの発言は、スイス・ジュネーブでアメリカのバイデン大統領との会談を数日後に控える中で行われました。

以前の発表によれば、米ロ首脳は今月16日にジュネーブにて会談する予定となっています。

ここ数カ月、アメリカがロシアを非難し続け、様々な口実で同国に様々な制裁を課し続けているため、両国間の緊張が高まっています。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*