?>

ロシア外務省が、米大使を召喚

ロシア外務省が、米大使を召喚

ロシア外務省が、同国モスクワ駐在のアメリカ大使を呼び出しました。

ABNA24 : ロシア・ノーボスチ通信は「モスクワ駐在のジョン・サリバン米大使は19日金曜、同省に出向いてきた際、記者団の質問に答えず、同大使の召喚理由は今なお不明である」と報じています。

一方、カタール国営衛星通信アルジャジーラは、今回の召喚理由を「アメリカ政府がロシアのメディアによる9.11米同時多発テロから20年に合わせた式典の取材を禁じたため」だと報じています。

近年、ロシアとの国境に近い欧州東部国境およびその近辺で、アメリカとNATO北大西洋条約機構が軍事的勢力を拡大したことや、ロシアの米大統領選干渉疑惑、ロシア反体制派ナワリヌイ氏問題、アメリカの一方的な制裁、ウクライナ危機やクリミア半島のロシア併合問題などをめぐり、アメリカとロシアの関係には暗雲が立ちこめ、緊迫化しています。

欧米諸国は2014年から現在まで、ロシアに対し一連の経済・金融制裁を行使していますが、これに対しロシア側が強く反発しています。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*