?>

ヨルダン川西岸南部で、パレスチナ人青年が殉教

ヨルダン川西岸南部で、パレスチナ人青年が殉教

パレスチナ・ヨルダン川西岸南部の村落がシオニスト政権イスラエルの入植者らに襲撃され、これによりパレスチナ青年1人が殉教しました。

ABNA24 : パレスチナ・マアー通信のウェブサイトによりますと、シオニスト入植者らは21日火曜、ヨルダン川西岸サルフィート県北部で農村を襲撃しました。

今回殉教した28歳のパレスチナ青年は、入植者の1人により鋭利な武器で襲われ負傷し、病院に運ばれたものの、傷が深く助からなかったということです。

シオニスト入植者らはこれに先立ち、ヨルダン川西岸ナブルス南部の村落でも、パレスチナ人とその住民を襲撃していました。

過激派のシオニスト入植者らは、占領者たるイスラエル軍の支援を受けながら、ナブルス南部の村落のパレスチナ人住居を絶えず襲撃しています。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*