?>

ヨルダン川西岸でパレスチナ人3名が殉教

ヨルダン川西岸でパレスチナ人3名が殉教

シオニスト政権イスラエル軍が敵対行為を続行する中、パレスチナ・ヨルダン川西岸北部各地を襲撃し、これによりパレスチナ人複数名が殉教、負傷しました。

ABNA24 : パレスチナの通信社アルヤウムによりますと、イスラエル軍は20日木曜未明、ヨルダン川西岸北部の町ナブルスを襲撃し、実弾や催涙ガスの発射によりパレスチナ人青年らと衝突しました。

この報道によりますと、パレスチナ人とイスラエル軍の衝突で、元パレスチナ人捕虜とパレスチナ軍の情報要員2名が殉教したほか、複数名が負傷したということです。

カタール国営衛星通信アルジャジーラも、パレスチナ人との衝突でシオニスト将校1名が死亡した、と報じました。

これに先立ち、パレスチナ外務省は声明において、聖地ベイトルモガッダス・エルサレムやそこにあるアクサーモスク、およびヨルダン川西岸へのイスラエル軍の侵略が継続されていることに触れ、「ネタニヤフ・イスラエル首相は、火に油を注ぎ戦火を再燃させることで、首相職への留任を試みている」と表明しています。

占領されたパレスチナ自治区はここ数週間、パレスチナ人青年らとシオニストの軍および入植者との衝突の舞台となっています。占領下のパレスチナのアラブ人居住都市でも、多くの暴動や衝突が発生しています。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*