?>

ヨルダン川西岸で、イスラエル軍の銃撃により、新たにパレスチナ人1名殉教

ヨルダン川西岸で、イスラエル軍の銃撃により、新たにパレスチナ人1名殉教

パレスチナ・ヨルダン川西岸で、シオニスト政権イスラエル軍が、パレスチナ人1名を銃撃し、殉教させました。

ABNA24 : アラビア語ニュースサイト・アラブ48によりますと、このパレスチナ人青年が19日日曜、ヨルダン川西岸の分離壁を乗り越えようとしていた際、シオニスト政権軍に銃撃され、殉教しました。

17日金曜にも、ヨルダン川西岸北部ジェニン市で、パレスチナ人3名がシオニスト軍の銃撃により、殉教しています。

パレスチナ人殉教者遺族協会は年次報告の中で、昨年にパレスチナ人357人がシオニスト政権軍の銃撃により殉教した、としています。

この報告によれば、これら殉教者のうち19%を女性が占めており、この割合は、パレスチナが占領された1948年以来最大となっています。

 

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*