?>

パレスチナ首相、「聖地とガザに侵略した者の責任追及を願う」

パレスチナ首相、「聖地とガザに侵略した者の責任追及を願う」

パレスチナ自治政府のシュタイエ首相が、「聖地ベイトルモガッダス・エルサレムとガザに先日侵略を行った者たちの責任が追及されるよう願う」としました。

ABNA24 : カタール衛星通信アルジャジーラによりますと、シュタイエ首相はシオニスト政権イスラエルが行ったガザ地区やヨルダン川西岸への侵略行為について言及し、「今回の侵略の後、パレスチナの問題や理想は国際的な活動の筆頭となっており、刑事裁判所は侵略を行った者たちに関して調査を行うだろう」としました。

シオニスト政権がヨルダン川西岸やガザ地区で行った犯罪的な侵略行為は、先月10日から始まり、同21日に一部の外国の仲介で停戦合意に至りました。しかしこの占領者政権の軍によるパレスチナ人への弾圧は、依然として続けられています。

この期間にシオニスト政権が行った犯罪の結果、ガザ地区では69人の子ども、39人の女性、17人の高齢者を含むおよそ250人のパレスチナ人が殉教し、さらに1910人が負傷しています。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*