?>

パレスチナ自治政府首相「国際社会は、ダブルスタンダードな政策を止めるべき」

パレスチナ自治政府首相「国際社会は、ダブルスタンダードな政策を止めるべき」

パレスチナ自治政府のムハンマド・シュタイエ首相は、国際社会に対し、ダブルスタンダードな政策を止めるよう求めました。

ABNA24 : パレスチナ・ワファ通信が、ヨルダン川西岸ラマラから報じたところによりますと、シュタイエ首相は、国際社会に対して、「ダブルスタンダードな政策を取り止め、シオニストの残忍な行動から我々の子どもたちを守るよう求める」としました。

同首相は、また、最近16歳のパレスチナ人青少年を殉教させるなど、シオニスト政権の日常的になっている犯罪に対し、パレスチナ人児童らへの必要な支持を行うよう、国際社会に要請しています。

パレスチナ保健省は25日水曜、ヨルダン川西岸ナブロスで、シオニスト政権軍によって頭部を撃たれた16歳のパレスチナ人青年が殉教した、と発表しました。

この数週間、ジェニンをはじめとする、ヨルダン川西岸の各都市に対するシオニスト政権の侵略が増加しており、この中で、これまでに、パレスチナ人住民数名が殉教、又は負傷しています。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*