?>

パレスチナ外務省「国内の児童が、イスラエルの犯罪の標的に」

パレスチナ外務省「国内の児童が、イスラエルの犯罪の標的に」

パレスチナ自治政府外務省は、パレスチナ人の子供たちが、連日にわたるシオニスト政権イスラエルのテロという犯罪の標的になっている、としました。

ABNA24 : パレスチナの保健省は25日水曜、同国ヨルダン川西岸ナブルスで、シオニスト政権軍によって頭部を撃たれた16歳のパレスチナ人少年が重傷が原因で殉教したことを明らかにしました。

カタールの衛星放送アルジャジーラテレビによりますと、パレスチナ外務省は25日、被占領地で子どもを含むパレスチナ人に対するシオニスト政権のテロ行為は日々増加している、と発表しました。

同省はまた、パレスチナ人居住区や難民キャンプへの占領政権イスラエル軍の攻撃を非難すると共に、パレスチナ国民に対する、シオニスト軍や入植者の犯罪による結果の責任はシオニスト政権にある」としています。

パレスチナの赤新月社は24日火曜夜、ナブルス東部でパレスチナ人77人がシオニスト軍との衝突で負傷した、と発表しました。

 

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*