?>

バーレーン首都で民衆デモ

バーレーンで、同国のハリーファ王家の支配に反対する若者が体制側により殉教したことを受け、市民らが首都マナーマで抗議デモを行いました。


ABNA24 : 通信によりますと、ハリーファ政権により反体制派の若者が殉教したことを受け、バーレーンの数多くの人々が首都マナーマの街頭に繰り出し、反ハリーファ王家のスローガンを叫びました。

人々はこのデモで、圧政、専制、強権、独裁、不正、不公正の廃絶と民主主義による統治を求めました。

ハリーファ体制は1975年からバーレーンを統治しており、サウジアラビアと並んで、常に大規模な人権侵害を行う体制として知られます。この両国の体制に共通するのは、国内のシーア派を激しく弾圧していることです。

バーレーンでは2011年2月14日から現在まで、多くの人々が体制に抵抗しています。

 342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*