?>

バーレーンの政治囚に対する世界レベルの連携が継続

バーレーンの政治囚に対する世界レベルの連携が継続

世界の人権擁護者が、バーレーンの政治囚への連携表明を継続しています。

ABNA24 : 通信によりますと、英国下院のDavid Wain議員とLayla Moran議員、および国際人権アムネスティ・インターナショナルなどが、バーレーンの政治犯との連携を表明すると共に、これらの政治犯の条件なしでの即時釈放を求め、バーレーン人の囚人2名が容態が悪化し、特別ケアを必要としている、と強調しました。

しばらく前にも、複数の国際人権団体が、バーレーンでの収監者らが、非常に好ましくない状況に置かれており、自らの家族との連絡や面会ができなくなっている、としています。

バーレーンの野党アル・ウェファクは、同国で国民による運動が開始された2011年2月以来、これまでに政治囚1万8000人が投獄され、現在も、そのうち2000人以上が収監されている、と発表しました。

これ以前にも、バーレーンのシーア派の指導者であるシェイク・イーサ・カシム師は、同国の各刑務所で発生している人道上の惨事について警告し、思想犯として収監された人々の釈放を求めていました。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*