?>

トルコ大統領が、米の圧政的な対イラン制裁を非難  

トルコ大統領が、米の圧政的な対イラン制裁を非難  

トルコのエルドアン大統領が、アメリカによる圧政的な対イラン制裁を非難し、「アメリカ新政権が、イラン国民の福利の道をさえぎる不当な障壁を排除するよう希望する」と語りました。

ABNA24 : トルコ政府広報総局は22日月曜、声明を発表し、エルドアン大統領とローハーニー・イラン大統領の電話会談で提起された議題に触れ、「エルドアン大統領はこの電話会談で、アメリカ新政権が一方的な対イラン制裁や、イラン国民の幸福の道を遮断する不当な障壁を撤廃するよう期待感を示すとともに、過去数日間に提起された、この問題に関する表明により、新たな機会が生まれたと語った」と発表しています。

エルドアン大統領はこの電話会談で、「イランとの核合意を復活させることは、この合意のすべての関係国による賢明な措置となるだろう。また、困難があるとはいえ、問題を解決するために協議の扉を開いたままにしておくことが重要だ」としました。

また、トルコがイランとの関係向上の意向を持っていることを強調しています。

ローハーニー大統領は21日日曜、エルドアン大統領との電話会談で、「米国の一方的な行動に対抗する唯一の方法は、諸国を団結・同調させることだ」と強調しました。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام رهبر انقلاب به مسلمانان جهان به مناسبت حج 1441 / 2020
世紀の取引にNO