?>

トルコ国民の大半が対米関係に否定的

トルコ国民の大半が対米関係に否定的

トルコで実施された最新の世論調査で、同国国民の大半がアメリカとの関係について否定的な見方を持っていることが明らかになっています。

ABNA24 : 通信によりますと、トルコの調査会社Areda Surveyが同国の外交政策に関して行った世論調査の結果、アメリカとシオニスト政権イスラエルが、トルコの安全保障にとって最大の脅威とされていることが分かっています。

トルコ国民の54.6%が、国の安全にとっての最大の脅威はアメリカであると考え、次いで51%がイスラエル、30.7%がサウジアラビアと答えています。

今回の調査の回答者のうち88%がトルコとアメリカの関係は肯定的なものではないと評価しています。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*