?>

トルコ反対派、エルドアン大統領辞任と早期選挙を要求

トルコ反対派、エルドアン大統領辞任と早期選挙を要求

トルコの反政権派は、国を救うためとして大統領の辞任と、早期の議会および大統領選挙の実施を求めました。

ABNA24 : 通信によりますと、トルコ民主主義進歩党のアリー・バーバージャーン党首は、与党・公正発展党が権力の座にとどまる場合に国民の苦しみが続くことを警告しました。

バーバージャーン氏は、トルコ東部での同党事務所の開所式で、「エルドアン大統領が権力の座を明け渡さないのであれば、この国は毎日苦難に見舞われることになるだろう」と語りました。

かつて副首相でもあった同氏は加えて、「我が国の貧困問題は、市民が食料を求めてゴミ箱を漁ったり、貧困が原因で自殺せねばならなくなるほどにまで深刻化している」と語りました。

4日金曜夜にエルドアン氏が黒海地域での天然ガス田発見を発表した後、未来党党首で元首相のダウトオール氏は、エルドアン氏を激しく非難し、トルコで最も無知な人物としました。また、エルドアン氏に対して、「黙れ。なぜならお前は経済を正常化できず、人々を苦しくさせたからだ」と語りました。

また、最大の反エルドアン政党である人民共和党の報道官ファーエグ・オズトゥルク氏も、エルドアン氏を指して国民の信頼を裏切った権力者に別れを告げる時が来たと語りました。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*