?>

トランプ氏、「バイデン大統領はウクライナ問題を第三次大戦へ導く」

トランプ氏、「バイデン大統領はウクライナ問題を第三次大戦へ導く」

トランプ前米大統領は、バイデン大統領について、経済のコントロールにおいて能力不足であると非難し、ウクライナ問題でアメリカを第三次世界大戦に巻き込もうとしていると語りました。

ABNA24 : トランプ氏はニュースサイト「ニュース・マックス」のインタビューで、バイデン政権によるウクライナへの武器供与政策を批判し、「このような政策は地域紛争や新たな世界戦争を引き起こすものだ」と述べました。なお、トランプ氏も自らの任期中には、何億ドルもウクライナに支援しています。

トランプ氏はまた、「私が大統領だったら、ウクライナ戦争は決して起こらなかった」と主張しましたが、どのように阻止できたかについては語りませんでした。

一方で、バイデン政権を前例のないインフレと燃料価格の高騰の責任者とし、「燃料価格の高騰は、国内でのグリーンエネルギー促進というバイデン政権の誤った政策によるもの」と主張しました。

また、2024年の大統領選挙には必ず出馬するとし、「我が国は多くの問題を抱えている。以前はこのような問題に直面することなど決してなかった」と語りました。

米労働省の発表によると、5月の米国のインフレ率は8.6%で、物価上昇率は依然として過去40年で最高水準にあります。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*