?>

タリバン臨時外相がテヘラン訪問

タリバン臨時外相がテヘラン訪問

アフガニスタン・タリバン暫定政権のムッタギー臨時外相が、イラン政府高官らと様々な問題について会談するためテヘランを訪問しました。

ABNA24 : アルアーラム・チャンネルによりますと、ムッタギー氏率いるタリバン代表団は8日土曜夕方、テヘラン入りしました。

タリバン代表団はイラン政府高官らと両国の協力や経済問題について話し合うことになっています。

タリバン外務省のバルヒー報道官は8日土曜、ツイッターに「ムッタギー外相はテヘラン訪問で、イラン政府高官らと政治、経済、物流やイラン国内のアフガン難民などの問題について討議する予定だ」と投稿しました。

イランは常にタリバンに対して、政権の正式承認のため、アフガニスタン全民族が参加した包括的政権を樹立させるよう求めてきました。

イラン外務省のハティーブザーデ報道官もタリバンの政権樹立について、「アフガニスタンについてイランやその他の近隣諸国が何よりも強調するのは、民族や人口の多様性を反映した包括的政権の樹立である」としています。

ハティーブザーデ氏はまた、「アフガニスタンの未来への道は、すべての国民の意志の実現である」とした上で、「イランのアフガニスタン全国民に対する政策は明確である」としています。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*