?>

シオニスト政権軍の銃撃によりパレスチナ人青年が殉教

シオニスト政権軍の銃撃によりパレスチナ人青年が殉教

パレスチナの聖地ベイトルモガッダス・エルサレムで、シオニスト政権イスラエル軍の銃撃により、パレスチナ人の若者1名が殉教しました。

ABNA24 : パレスチナ・マアー通信によりますと、聖地ベイトルモガッダス・エルサレムの旧市街で、イスラエル軍による銃撃でパレスチナ人の若者1名が負傷し病院に搬送されましたが、重傷が原因で最終的に殉教しました。

またこの報道によりますと、イスラエル警察はこれ以前に、イスラエル兵1名を刃物で攻撃したとして、パレスチナ人青年1名を銃撃し、これによりこの青年が負傷したと主張しています。

パレスチナ・ヨルダン川西岸では、パレスチナ人捕虜を支持する抗議デモ隊へのイスラエル軍の攻撃で、少なくともパレスチナ人40人が損傷しました。

イスラエル刑務所でのパレスチナ人捕虜への同政権の攻撃の激化が原因で、ヨルダン川西岸各地と聖地ベイトルモガッダス・エルサレムではこの数日、イスラエル軍とパレスチナ人抗議者の間で激しい衝突が起きています。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*