?>

サウジアラビアは、地域の「抑圧国家」の筆頭

サウジアラビアは、地域の「抑圧国家」の筆頭

あるシンクタンクの調査結果によりますと、サウジアラビアは、GCCペルシャ湾岸協力会議加盟国の中で、抑圧、独裁、民間人の殺害に関連する犯罪の点で、第1位にランクされています。

ABNA24 : 匿名により政府、企業、宗教などに関する機密情報を公開する報道サイトのサウジアラビア版ウィキリークスニュースは、21日日曜の報道の中で、「Al-Bayt Al-Khaliji 研究出版センターは、同センターで実施された調査から、サウジアラビア国内での政治組織の活動と公共の自由を阻止しようとするサウジアラビア当局の行動が、アルサウド政権が地域における一大独裁政権として名声をはせることになった原因であることが判明した、と表明した」としました。

同研究センターは、サウジアラビアがGCC加盟国であり政治組織を持つ諸国の中で、政治参加の指標では最下位にランクされており、憲法に基づく生活という点においても順位は非常に低い、と強調しました。

この調査は、サウジアラビアのモハンマド皇太子による犯罪と、同じく同皇太子による同国の最も有能な王子たちや政府高官の強制逮捕について指摘し、モハンマド皇太子時代になってから同国では数億の圧政的な裁判や逮捕が行われているとししています。

このセンターの調査によりますと、サウジ政権は、ツイッター社内にいる要員を通じて、数千のサウジ政権に批評的な人物のアカウント、及びサウド家の一部の王族のアカウントを特定し、それらにハッキングを行っています。

サウド政権によるこれらの行動は、多くの活動家がモハンマド皇太子と同国の諜報当局者らを国際裁判所に訴える原因となっています。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام رهبر انقلاب به مسلمانان جهان به مناسبت حج 1441 / 2020
世紀の取引にNO