?>

サウジの戦闘機が、イエメンのサヌアやサアダを攻撃

サウジの戦闘機が、イエメンのサヌアやサアダを攻撃

サウジアラビア軍の戦闘機が、イエメンの首都サヌアやサアダ州に対し大規模な爆撃を行いました。

ABNA24 : イエメンのアルマシーラテレビによりますと、サウジの戦闘機は17日水曜、サヌアや同国北部のサアダ州の一部地域に対し激しい攻撃を行いました。現在までのところ、これらの攻撃による被害や死傷者についてはまだ報告されていません。

サウジアラビア主導のアラブ連合軍は、過去24時間に、181回に渡りイエメン南部フダイダ州での停戦に違反しています。

サウジアラビアは2015年3月、国外亡命中のハーディ元イエメン大統領を復権させる名目で、アラブ連合軍というかたちで米国の支援を受けアラブ圏最貧国であるイエメンに対する大規模な攻撃を開始しました。

この侵略により、これまでに数千人ものイエメン人が命を落としており、国連の発表では同国の飢餓は世界最大の人道的大惨事に発展しているということです。

米サウジ関係は近年、米国を拠点にしていたサウジ人記者ジャマル・カショギ氏の殺害や、イエメン内戦へのサウジの関与を受けて軋轢を抱えています。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*