?>

カンボジアで「世界最大」の淡水エイ発見、体重300kg

カンボジアで「世界最大」の淡水エイ発見、体重300kg

カンボジア北部を流れるメコン川で、体重300キロの巨大淡水エイが捕獲されました。

ABNA24 : フランス通信が21日火曜、報じたところによりますと、カンボジア北部ストゥントレン州の漁師が先週、メコン川で体重300キロの巨大淡水エイを捕獲しました。

研究者らの21日の発表では、口先から尾の先までの長さは4mにもおよび、世界最大の淡水魚だということです。

なお、このエイは追跡用の発信機が取り付けられ、川に戻されました。

米大学が支援するプロジェクト「ワンダー・オブ・メコン」を率いる魚類生物学者ゼブ・ホーガン氏は「六つの大陸の川や湖で20年にわたり巨大魚を研究してきたが、(今回のエイは)これまで私たちが見つけた中でも、世界で記録された中でも、最大の淡水魚だ」と述べています。

同プロジェクトによりますと、これまでは、タイ・メコン川で2005年に見つかった293キロのナマズが世界最大の淡水魚とされていました。

同州では先月にも、漁師が体長4メートル、体重180キロの淡水エイが捕獲されています。

メコン川は中国を源流にタイ、ラオス、ミャンマー、カンボジア、ベトナムを流れる国際河川で、支流を含め流域全体で6000万人の食を支えています。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*