?>

カザフ初のトランジット貨物列車が、イランからトルコへ出発

カザフ初のトランジット貨物列車が、イランからトルコへ出発

カザフスタン初となるトランジット貨物列車が19日日曜午後、イラン・テヘランからトルコに向けて出発しました。

ABNA24 : この列車の運行は、カザフスタン・トルクメニスタン・イランを直接結ぶ鉄道輸送回廊(KITI railway corridor)を活性化し、さらにトルコやヨーロッパに向けた貨物輸送へとつなげる目的で計画されました。

この点に関して、イランのバハードリージャフロミー政府報道官は19日、ツイートで「カザフスタンとトルクメニスタンを結ぶ列車が初めてイランを通過しヨーロッパ方面へ向かったことは、地域トランジットの中心地としての歴史的経歴の再活性化に向けた出発だと言える」としました。

国際通信イランプレスによりますと、硫黄コンテナを乗せて18日土曜夜に出発した貨物列車は、カザフスタン-トルクメニスタンのルートを経て、19日にイランに到着しました。

イラン鉄道の通商・運用担当副総裁のジャアファリー氏は、イランプレスとの独占インタビューにおいて、「近い将来、約500万トンの貨物がカザフスタンからイランの鉄道を経由してヨーロッパに輸送される予定だ」と述べています。

これに関連して18日午後にテヘランで行われたイランのライースィー大統領とカザフスタンのトカエフ大統領の会談では、両国間の9つの合意覚書と協力文書に署名がされました。

そのひとつは、イラン鉄道とカザフスタン国営鉄道の間での協力に関するものであり、それらに基づけば、カザフスタン鉄道は貨物をイラン経由でヨーロッパへ運ぶことになっています。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*