?>

イラン革命防衛隊総司令官「シオニスト社会は没落中」

イラン革命防衛隊総司令官「シオニスト社会は没落中」

サラーミー・イランイスラム革命防衛隊総司令官が、「シオニストの社会は没落に向かっている」と語りました。

ABNA24 : 国際通信イランプレスによりますと、サラーミー司令官は21日火曜、イラン南西部シャフレコルド市にて、「イランの敵らは没落に向かっており、今日のシオニストの政治的社会に関する報道は、この没落の明白な表れである」としています。

サラーミー司令官のこの表明の一方、シオニスト政権イスラエルのベネット首相も同政権の議会解散への合意を発表した後、イスラエルが混乱突入の寸前にあることを認めました。

また、アメリカも全く成功を収めていないとし、「イランはより強力になっており、近い将来世界1の大国の一つになるだろう」と語りました。

この件に関して、イスラエル12チャンネルのアナリストは、「我々は事実上、一歩一歩イスラエルの消滅に向かって進んでいる」と述べました。

 

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*