?>

イラン道路都市開発相が、ウクライナ機墜落事故を追究

イラン道路都市開発相が、ウクライナ機墜落事故を追究

イランのガーセミー道路都市開発大臣が、「本省は、ウクライナ旅客機墜落事故の追究を国際レベルで行っている」と述べました。

ABNA24 : 通信によりますと、ガーセミー大臣はテヘランで起きた同事故の犠牲者遺族との集会で、彼らの悲しみに耳を傾けながら、「我々は、この苦い大事故で家族が犠牲となった遺族のみなさんが、この苦難を耐え忍びながら国や体制、最高指導者の導きとともあったことを感謝している」と述べました。

そして遺族に向けて、「イランの責任者らは、自身の義務があなた方によりそうことだと心得ている」と語りかけました。

イランでは8日土曜、ウクライナ国際航空752便がテヘラン郊外に墜落した2020年1月8日から2年を迎えるにあたり、事故現場で献花が行われました。

この事故では乗客167人、乗員9人が犠牲となりました。

乗客の多くはイラン国籍でしたが、カナダ、アフガニスタン、ウクライナ、イギリス、スウェーデンといったその他の国籍の人々も32人搭乗していました。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*