?>

イラン最高指導者が、南西部フーゼスターン州の問題調査を指示

イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師が、同国南西部フーゼスターン州でで起きている問題の調査を、責任者らに命じました。


ABNA24 : ハーメネイー師著作集出版管理事務所の報告によりますと、ハーメネイー師は「責任者らはフーゼスターン州の問題を調査する義務がある。国民のことを考えるなら、フーゼスターン州での困難を目の前に安穏としてはいられないはずだ。この絶対的な責務は急務であり、国民のことを考える政体にとって普遍の業務だ」と述べています。

イラン南西部のフーゼスターン州は今年、例年以上の酷暑と旱魃により水不足などの問題を抱えています。

こうした中、すべての政府および公的機関の努力とカールーン・ダムの取水ゲート開放により、水不足の問題は解決されつつあります。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*