?>

イラン外務省報道官、「核合意復活交渉への復帰は確実」

イラン外務省報道官、「核合意復活交渉への復帰は確実」

ハティーブザーデ・イラン外務省報道官が、「わが国は確実に、核合意復活をかけたオーストリア・ウィーン協議に復帰するが、その時期については、これまでの交渉の各ラウンドを吟味、検討した後に決まる」と語りました。

ABNA24 : イルナー通信によりますと、ハティーブザーデ報道官はフランス24チャンネルのインタビューで、「我々は、国内での新政権の発足後2段階にわたって、これまでのプロセスの再検討を開始してきた。第1段階はすでに終了しており、我々は確実にウィーンに向かい、協議の相手側すなわち、アメリカ以外の5カ国グループとの協議を開始する旨を表明してある」と述べています。

また、「2段階目の再検討プロセスはまだ終了しておらず、現在我々はわが国の前政権により行われた、過去6回にわたる協議の詳細を検討中だ」としました。

さらに、「わが国の大統領と外相は、これまでの協議プロセスの再検討の段階の終了後、直ちにウィーン協議に復帰することを強調している」と語っています。

そして、「最も重要な問題は、トランプ前米大統領による一方的な核合意離脱後に行使されてきた各種制裁の全廃である」と述べました。

ハティーブザーデ氏は、「トランプ氏は800の一方的で違法な制裁をイランに課し、それらすべてが解除されなければならない」と述べました。

最後に、「わが国の立場は、各種制裁の全廃で終始一貫している」と強調し、「我々は、実際に効果が実感できる形での制裁解除が確信できる方法を追求している」と結んでいます。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*