?>

イラン外務省報道官、「イランの国連分担金の支払い遅延は米の圧政的制裁によるもの」

イラン外務省報道官、「イランの国連分担金の支払い遅延は米の圧政的制裁によるもの」

イラン外務省のハティーブザーデ報道官が、国連におけるイランの分担金支払い遅延について、「残念ながら2年連続で、米国の圧政的かつ違法な制裁により、イランの国連分担金の支払いが困難に直面した」と述べました。

ABNA24 : 国際通信イランプレスによりますと、ハティーブザーデ報道官は12日水曜夜、イランが国連の主要で活動的な加盟国として、国連およびその付属機関の分担金の完全かつ期日までの支払い責務があると考えていることに触れ、「数々の横槍が入れられているにもかかわらず、イラン政府は国連分担金の支払いに向けて必要な資金を用意し、現在問題の解決に向けて必要な話し合いを行っている」と述べました。

続けて、「同時に、早急な分担金支払いのために信頼できるルートを考えている」としました。

そして最後に、「国連事務総長と事務局は、違法な制裁に直面している国々の特別な状況について考えてしかるべきであり、これらの国々の分担金支払いを助ける労力を惜しんではならない」と述べました。

各情報筋は数時間前、イランを含む8カ国が分担金の不払いにより国連の投票権が停止されたと報じました。

国連における投票権停止は、アメリカによる経済テロがもらたした結果のひとつです。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*