?>

イラン、「本来の石油生産規模への急速な復帰の準備が整う」

イラン、「本来の石油生産規模への急速な復帰の準備が整う」

NIOCイラン国営石油会社のアリーハーニー生産主任が、「石油生産を 1 週間、1 か月、四半期ごとに制裁前のレベルに戻すための綿密な計画が立てられており、制裁が解除された場合、国の石油生産のほとんどは 1 か月以内に復活する」と語りました。

ABNA24 : 同主任は9日木曜、イラン学生イスナー通信に対し、「我々のアプローチは、最大規模の石油生産が必要な場合はいつでも、可能な限り最短時間で生産回復できるよう、常に完全な準備が整っている」と述べています。

さらに、「核合意の実施後、イラン石油の平均日量生産量は 338 万バレルだった。当社は、制裁が解除された場合、第 1 段階で制裁前の生産量に戻し、また、次のステップとして生産量を日量400万バレル以上に増やしたいとしている」と語りました。

イランの原油輸出は2016年に日量200万バレルに増加しその後、日量280万バレルでピークを付けた後、米国のトランプ前政権が2018年に対イラン制裁を再導入しました。

イランは、現在の輸出量を公表していませんが、一部の調査会社によると、4月の輸出量は日量70万バレル前後、5月は日量60万バレル前後だったとされています。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*