?>

イラク抵抗組織が、同国からの米軍撤退を強調

イラク抵抗組織が、同国からの米軍撤退を強調

イラクの複数の抵抗組織が「米軍がわが国の領土から撤退しない場合、彼らに対する作戦が継続されるだろう」と表明しました。

ABNA24 : イラクの通信社スメリヤ・ニュースによりますと、イラク各抵抗組織調整委員会は24日土曜朝の声明で、「イラクからの米軍の撤退は完全に行われなければならない」としています。

イラクの政党の1つ・国家知恵運動を率いるアンマル・アル・ハキム師も、米・イラク間の戦略的交渉についてのメッセージで、「わが国からのアメリカの撤退につながる交渉を行う」と述べました。

イラクのカディミ首相は今月26日、対米交渉の完結を目指し、同国のバイデン大統領と会談する予定です。

カディミ政権にとって最も重要な優先事項の1つは、イラクからの米軍の撤退を追求することであり、これはイラクの公的需要となっています。

イラクの多くの人々や団体組織もまた、イラクからのアメリカのテロリスト軍の撤退を望んでおり、2020年1月5日にはイラク議会が米軍追放案を承認しました。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*