?>

イスラエル軍、パレスチナの医療施設を襲撃

イスラエル軍、パレスチナの医療施設を襲撃

シオニスト政権イスラエル軍が、パレスチナにある医療施設を襲撃し長期に渡り閉鎖しました。この行動により、国際人権団体アムネスティ・インターナショナルの厳しい反発を引き起こしています。

ABNA24 : ファールス通信によりますと、パレスチナ情報筋は9日水曜夜、「シオニスト政権軍は、ヨルダン川西岸・ラマラ市にある医療施設に襲撃して、医療機器などを破壊するとともに、同施設の閉鎖を命令した」としています。

この報道によれば、シオニスト政権軍は施設を閉鎖した後、入り口を大型の金属板によって封鎖し、6ヶ月間の閉鎖を命令しています。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*